千葉成田ミイラ事件①の再審支援の会

再審支援の会

千葉成田ミイラ事件という、冤罪被害の痛み・苦しみを耐え雪いだ、高橋弘二とSPGFのボランティアメンバーが願うのは「冤罪のない社会の実現」です。その目的のため、株式会社SPGF RESEARCH出版を設立し、出版活動を再開、さらに2012年1月にそのメセナ活動として「千葉成田ミイラ事件①の再審支援の会」(再審支援の会)を発足しました。

再審支援の会は、毎週木曜日に「シンポジウムとライブの夕べ」を開催して冤罪や差別のない社会への貢献を願い、その具体策として、「関東再審弁護団連絡会の設立」を支援しています。