千葉成田ミイラ事件①の再審支援の会

大友 敏浩

 長男小林健児の自白調書が偽物だと知っていながら、鈴木淳二弁護士が偽証を止めないという固い決意で冤罪幇助を成功させなければ、冤罪は成立しなかった。東京新聞社説に“検察官作成のたった一通の「自白」調書を採用したからです。も [...]

記事の続きを読む »